ウォータージャーナル

ウォーターサーバーは重い?持ち運びに便利な種類を選ぼう

重い買い物をしなくても、いつでも美味しい水が飲めると人気のウォーターサーバー。水やサーバーは家まで運んでもらえますが、ボトルの交換は自分でおこなわなければなりません。腰痛がある方や妊婦さんなどにとって、新しいボトルを上まで持ち上げるには負担が大きく、1人での交換は大変と悩む人も多いでしょう。そんなウォーターサーバーのボトル問題について、詳しい解決法を紹介します。

ウォーターサーバーのボトルの重さとは

shutterstock_559556221.jpg

ウォーターサーバーで一般的に使われているボトルは、ほぼどのメーカーも1本12リットルが基準です。女性でも運びやすいよう取っ手がついているものもありますが、12キロにもなる重さはカバーできません。ウォーターサーバーの多くはボトルの設置場所が高い位置にあり、あまり力に自信のない方や腰に不安のある方にとって、重いボトルを胸の上まで持ち上げるのは一苦労でしょう。下にある重い物を持ち上げるとき、多くの方は腰を折ってそのまま持ち上げようとしてしまいます。すると腰には思っている以上の負担がかかり、最悪の場合ぎっくり腰にもなりかねません。

慣れない人が重い荷物を持ち上げると、普段使わない筋肉や筋を使うため、腰だけでなく背中や肩を痛めてしまうこともあります。無理をすれば持ち上げられる、という状態で継続利用することは難しいため、なるべく交換しやすく、体への負担が少ないものを選ぶことが必要となります。健康や安全性への需要から、ウォーターサーバーを利用する家庭が多くなりました。それにともない、企業側もさまざまなニーズにこたえられるよう、女性やお年寄りでも簡単に交換できるデザインを取り入れているのです。

特に近年はお子様がいる家庭などで、赤ちゃんのミルクや離乳食に活用している人も多いでしょう。力のある男性がその場で交換できれば良いですが、不在の間に水が切れてしまった場合、すぐに使うことができません。このように、ウォーターサーバーのボトル交換には、重さに対する不安や悩みがあるでしょう。とはいえ、ウォーターサーバーを導入すれば、毎日使う美味しい水を買いに行かなくても済むので、重いからと利用を諦めてしまうのももったいないことです。

ボトルの重さと保管場所を検討しよう

ボトルはメーカーが配達してくれますが、その際の保管場所も、ウォーターサーバーが置いてある位置などを併せて考えておく必要があるでしょう。12キロにもなる水のボトルですので、家の動線を考え移動させやすい場所に保管することで、運ぶ距離や手間を少しでも減らすことが重要となります。特にウォーターサーバーで利用するガロンボトルの場合、通常のペットボトルよりもサイズが大きく、重さもあるため保管場所に困ってしまうことが多くあります。

一般的な3ガロンと同じ12リットルのガロンボトルは、高さが35センチほどあるため、重さだけでなく大きさもかさばってしまいがちです。ですが、クリクラでは繰り返し使用できるリターナブルボトルを採用しており、通常のペットボトルより頑丈なため、ラックやホルダーを利用すれば重ねおきも可能です。通販サイトなどで購入できるボトル専用ラックの購入や、1度に宅配してもらうボトルの量を少なめに設定するなど、工夫次第で適切な保管ができます。また、置き場所としても、清潔で日光が当たらない場所を選び、高温多湿を避けるようにしましょう。

安易にそのまま積み上げてしまうと、重さとバランスの悪さで崩れてしまう危険もありますので、必ずラックや専用ケースなどを活用しましょう。クリクラでは契約者の方限定で、ボトルを積み重ねられる専用ラックの販売もしていますので、そちらを検討してみるのも良いでしょう。ラックなどを使用する場合、赤ちゃんや小さなお子様がいる家庭などは、イタズラで倒れてしまうことのないよう、設置する部屋を決めたり転倒防止グッズを活用したりと、ひと工夫をプラスしてみましょう。

重さに関する悩みを解消できる種類

近年は生活スタイルの変化にともない、多種多様なデザインのウォーターサーバーが出回るようになりました。家庭で使用するウォーターサーバーであれば、スペースや用途に応じたデザインを選ぶことが重要です。水の種類はもちろん、毎日の使用をイメージしてボトルの交換法にも注目することで、腰痛や重い作業の不安が解消されます。ボトル交換に便利なデザインは主に4種類あり、それぞれの使用シーンをイメージしながら、どれを導入するかをしっかり検討しましょう。

「ボトルを下に設置するタイプ」は、ウォーターサーバー本体の下部にボトルを設置するため、重いボトルを胸の上まで持ち上げる必要がありません。本体の上部に置くものよりバランスも良く、ボトルが本体の中に隠れるのでデザイン性としても選ばれます。内部に直接セットするタイプの他、専用のカゴに入れスライドするだけでセットできるものもあり、少ない力で簡単に交換することができます。バランスの良さに関しては、重心が下に集中するため、小さなお子様がイタズラをしても倒れにくく安心です。

「軽量ボトルが使えるタイプ」は、一般的な12リットルであるボトルに対し、10リットル以下の一回り小さなボトルが選べるものです。お年寄りや女性向けに展開しており、半分の6リットルのものや、ボトル自体もペットボトルと同じ素材である軽い容器を採用しているものもあります。12リットルに比べて容器自体が小さめなので、在庫や空きボトルの置き場所に困っている方、なかなか1本を飲みきれず劣化が心配、という方にも適しています。

「ウォーターパックが使えるタイプ」は、ボトルではなく水の入った袋を直接セットするタイプです。がっしりとしたボトルに対し、ウォーターパックはただの袋なので、使用後のゴミや空き容器の置き場所に困りません。ボトルタイプは回収してもらえるのですが、それまではどうしても家の中に置いておく必要があります。その点ウォーターパックであれば、使用後は通常のゴミと同じように丸めてすぐに捨てられます。ですが、ボトルタイプに比べて1回の容量も少なめなので、頻繁に利用する家庭であればこまめに交換しなければなりません。

「浄水器タイプ」は、通常使用している水道水をろ過して使用するタイプのものです。元は水道水なのでボトルの交換も不要で、かかる費用も毎月定額のため、飲料水はもちろん毎日の料理にも気兼ねなく利用できます。工事不要で使えるものもあり、何より水の交換が不要で注文をする手間も省けるので、毎日頻繁に使用する方や忙しくて連絡するのを忘れてしまう、といった方にも向いているタイプです。

これらのデザインを比較し、時には実際に試してみても良いでしょう。ボトルには大きさ問わず、交換しやすいように取っ手が付いているものが多くあります。下部に置くタイプであっても、取っ手の有無もボトル交換には重要なポイントになりますので、ボトルデザインも含めて自分が交換しやすいとイメージできるものを選びましょう。最初のうちは何とか持てそう、と思っても、継続して利用していると少しずつ負担がかかってきてしまう場合もあります。続けて利用することを考え、なるべく自分が持ちやすいと思うものを選ぶことが重要です。

ウォーターサーバーのボトルタイプも重視しよう

lineup-02.jpg

ウォーターサーバーのボトルは重く交換に不安があり、力のある男性でも慣れていないと重労働になります。なるべく交換しやすいボトルの大きさ、種類、設置場所への移動距離や在庫の保管場所をじっくり検討しましょう。クリクラのウォーターサーバーには、テーブルにも置ける卓上タイプや、通常の約半分の重さであるクリクラキュートボトルもあり、ボトル交換の負担を軽減できるのでオススメです。