ウォータージャーナル

ウォーターサーバーの受け皿に水垢が!メンテナンスを徹底しよう

ウォーターサーバーは、いつでも安全で美味しい水が飲めることが最大のメリットです。しかし、ウォーターサーバーの受け皿などをそのまま放っておくと、カビが発生するなどして、不衛生な状態となります。部品ごとに適切なメンテナンスを行い、清潔を保ちましょう。この記事では、ウォーターサーバーの水垢や汚れの発生を防ぐためのメンテナンス方法を紹介していきます。

受け皿の水垢に注意

shutterstock_1042494718.jpg

水を使用するキッチンやお風呂などと比較すると、「ウォーターサーバーは清潔である」という印象が持たれがちです。しかし、一見するときれいに見えるウォーターサーバーにも、水垢は発生するのです。水垢とは、水のなかに含まれているケイ酸やカルシウム、マグネシウムなどのミネラル分が固まってできたもののことをいいます。ミネラル分が水滴として金属や鏡などの部分に付着し、濡れたり、乾燥したりを繰り返すことによって、空気中の酸素や二酸化炭素と結合して、どんどん蓄積していきます。これが頑固な水垢ができる直接的な原因です。

ウォーターサーバーの水が出てくる蛇口部分は、特に水垢がつきやすい部分です。蛇口部分については、水が出て濡れる、乾燥するという動作を繰り返しています。ゆえに、水垢の発生を防ぐのが難しい部分といえるでしょう。また、一度できてしまった水垢ができてしまった水垢を放っておくと頑固な汚れとなってしまい、素人が掃除をしてもなかなか取れなくなる恐れがあります。水垢ができやすい蛇口部分は、水滴をためたままにするのではなく、小まめに水滴を拭き取ることがポイントです。ふきんやキッチンペーパーなどを使っても水滴がきれいに拭き取れないときには、綿棒などを使って水を取り除いておくと良いでしょう。加えて、夜間など長時間ウォーターサーバーを使わないときには、蛇口部分にアルコールスプレーをひと吹きして消毒しておくなどすると、清潔な状態を保つことが可能です。

さらに、ウォーターサーバーの受け皿も、水垢などの汚れが溜まりやすい部分です。受け皿に水垢や汚れが溜まっていても、ウォーターサーバーの機能に影響はありません。それだけに、受け皿に溜まった汚れは見落とされがちといえるでしょう。受け皿に溜まった水を放っておくのは不衛生です。見た目もあまりよくありません。ウォーターサーバーの受け皿に水が溜まった場合には、清潔なふきんなどですぐに拭き取るようにしましょう。そして、受け皿は1日1回程度きれいに洗っておくのが理想的です。受け皿を取り外し、台所用の中性洗剤とスポンジを使って洗ってから水ですすぎます。受け皿を洗った後は、柔らかい布などを使って水気をしっかりと拭き取っておきましょう。

ウォーターサーバーのメンテナンス方法

適切なやり方でウォーターサーバーのメンテナンスを行い、清潔を保ちましょう。まず、ウォーターサーバーのボトル差し込み口と蛇口部分の掃除は欠かせません。まず、ボトル差し込み口についてです。ウォーターサーバーの上部には、ボトルを差し込む箇所があります。この部分は、水が入っているボトルを直接設置しておくところであるため、水気が溜まりやすい部分です。しかし、水気があるからといって、水が入っている重たいボトルを外して毎日掃除をするというのは、あまり現実的とはいえません。ボトル差し込み口に関しては、新しいボトルと交換するときに、差し込み口やその周りをふきんやキッチンペーパーなどで水気がなくなるまできれいに拭き取ることがポイントです。水気を取り除いた後は、アルコールスプレーをサッと吹きかけて消毒をしておきましょう。

次に、蛇口部分の掃除です。ウォーターサーバーの蛇口部分は、特に水が溜まりやすい箇所です。蛇口部分の掃除をするときには、目視しやすい表側だけをきれいにしてしまいがちです。しかし、蛇口に内側にも水は溜まっています。蛇口に水が残っているとカビや水垢などの汚れの原因となってしまうため、蛇口は内側も忘れないようにしっかりと掃除をしておきましょう。

また、水垢などの汚れについては、受け皿に溜まりやすい傾向にあります。受け皿はいつでも取り外せて簡単に掃除ができるにもかかわらず、掃除すること自体を忘れて放置されやすい部分です。受け皿に汚れが溜まっているとぬめりが発生し、水垢やカビなどの原因となります。そのため、水が溜まりやすい受け皿は、毎日洗剤で洗い、清潔な状態が保てるように心がけることが大切です。

さらに、ウォーターサーバーの背面に溜まったほこりも、きちんと取り除いておきましょう。背面部分にほこりが溜まっている場合、まずは掃除機を使ってほこりをきれいに吸い取っておきます。そして、背面部分は湿った布で拭いていきます。電気プラグの掃除をする際には、乾いた布で拭くようにしましょう。背面部分や電気プラグのお手入れをする場合、水に濡れた手で掃除をすると感電する恐れがあるため要注意です。背面部分に溜まったほこりは、6カ月に1回程度は掃除機で吸い取っておき、ウォーターサーバーが気持ち良く利用できるようにメンテナンスを行いましょう。

ウォーターサーバー内部も注意する

ウォーターサーバーを衛生的に利用し続けるためには、サーバー内部にもしっかりと注意しておく必要があります。まず、ウォーターサーバーを使用するのであれば、電源オフの状態のまま放置することは避けるべきです。ウォーターサーバーの衛生面については、常に電源を入れた状態でのみ保つことが可能と理解しておくと良いでしょう。

ウォーターサーバーを利用する場合、電気代がかかります。そのため、電気代が気になる人のなかには、「時々ならコンセントを抜いても、利用ができるのではないか」と考える人がいるかもしれません。たしかに、通電していない状態でも、ウォーターサーバーから水が出てくるタイプのものはあります。しかし、本体の電源を落としてしまい、しばらく使わないまま放置してしまうと、内部の水に雑菌やカビが発生しやすくなります。たとえば、電源を落としているウォーターサーバーの水を飲んだときに、「カビ臭い気がする」と感じた場合、カビなどが内部に侵入している可能性があります。万が一、ウォーターサーバーの電源が落ちてしまった場合には、タンク内の水はできるだけ早く使い切ってしまうことがポイントです。

長時間の停電などが起こって、ウォーターサーバーの電源を入れていない時間が長時間続いたとします。すると、ウォーターサーバーの水は常温になってしまうのです。長時間に渡って電源を切ったウォーターサーバーの水を飲むと、「水の風味がおかしい」と感じるだけでなく、喘息やアレルギーなどの健康被害につながる恐れがあります。このようなケースでは、健康被害を防いで美味しい水を飲むためにも、ウォーターサーバーのメンテナンスや、サーバー本体の交換が必要です。ウォーターサーバーの内部のことに関しては、利用者が独自に判断することが難しいケースも見られます。サーバー内部のことで異変を感じたり、あらかじめ長期不在がわかっていて電源を落とさなければならなかったりする場合には、サポートセンターに相談してアドバイスを得ておくと安心です。

ウォーターサーバーの受け皿と内側を意識しよう

lineup-02.jpg

ウォーターサーバーの受け皿などは、目に見える部分です。このような部分のメンテナンスは、日常的に行うことが可能です。しかし、ウォーターサーバーの外側はきれいにできても、内側まで掃除することはできません。クリクラでは1年に1回サーバーを回収して、メンテナンスライセンスを持ったスタッフがパーツごとに分解して清掃や洗浄、点検を行っています。いつも清潔で安心なサーバーを利用できることがクリクラの魅力です。