ウォータージャーナル

ウォーターサーバーの音が気になる!静かに使用できる種類を紹介

料理や飲み物・離乳食とさまざまな活用法のあるウォーターサーバーは、赤ちゃんのいる家庭から高齢者宅まで、導入するメリットが広く知られるようになってきました。しかし、中には動作音が気になるタイプのウォーターサーバーもあり、購入する際は注意が必要です。今回は、静かなウォーターサーバーを選ぶためのポイントや、音が気にならないように工夫して使う方法を紹介します。

ウォーターサーバーから音が出る原因

shutterstock_326159174.jpg

ウォーターサーバーは基本的に24時間稼働させておくものですから、動作音が大きいと夜間の睡眠の妨げになる可能性があります。そもそも、ウォーターサーバーから出る音の原因は何なのでしょうか。ウォーターサーバーの騒音には、主に5つの事柄が考えられます。

第一に「コンプレッサーの音」が挙げられます。エアコンや冷蔵庫と同じように、コンプレッサー式のウォーターサーバーはサーバー内に冷媒を循環させることで水を冷やします。そのため、サーバー内で水を冷やすたびに音が響いてくるわけです。水の温度が上がればコンプレッサーが動きはじめますので、水温が高くなるほど動作音の回数も多くなります。

第二に「水の吸い上げ音」も気になる点です。最も一般的なサーバーは、交換式の水ボトルを上部に設置して使うスタイルです。しかし、サーバーの足元に水ボトルを置いて使うタイプもあり、このタイプの場合、構造上必ず水を吸い上げる動作音が発生します。重たいボトルをセットしなくてよいメリットはあるものの、スペースを余分にとってしまうことや、「水を吸い上げる音が気になってしかたがない」といった意見も聞かれます。ただサーバーを使っていないときは音はしませんので、コンプレッサー音のように夜間にこの音が気になることはありません。

第三に「ボトル内に空気が入る音」も耳障りに感じることがあるでしょう。特に再利用するリターナブルボトルは、使用中にボトル内に空気が入りやすく、給水時にサーバーから水が吐出されると、その分だけ空気が入っていくので、コポコポと音が出ます。このボトルは業者が回収・交換してくれるため手間は省けますが、静音に関しては少し気になる人もいるかもしれません。

第四に「ワンウェイボトルが潰れる音」もパキパキという音が気になるかもしれません。すべてではありませんが、ワンウェイボトルの種類によっては水が抜けると同時にボトルが変形して、自動的に潰れていくものもあります。廃棄時には自分で潰す必要がないため便利ではありますが、このタイプを使う場合はボトルが潰れる音がすることを覚えておきましょう。

第五に「フローリングや壁などへの共鳴」です。これは設置場所を考えないと、必ずと言っていいほど発生する類の騒音です。除湿器や扇風機・ヒーターといった小型の季節家電でも、よく問題になる騒音トラブルではないでしょうか。ウォーターサーバーの場合も、サーバーが床や壁・金属・家具などに接していると、コンプレッサーなどの振動が共鳴して部屋全体に広がり、実際より大きな音で響くことがあります。

静かなウォーターサーバーの種類

サーバー自体は、どのようなメーカーのものを選んでも、ある程度の駆動音は仕方がありません。そこで、静かなウォーターサーバーを選ぶには「ボトル」に注目してみましょう。ボトル容器の種類によっては、多少ウォーターサーバーの音が大きくなることがありますので、容器の種類のみで静かなウォーターサーバーを選ぶのであれば「ガロン式」か「パック式」の容器を採用したウォーターサーバーがおすすめです。「ガロンボトル」は非常に硬いボトル容器として昔から人気が高く、硬い形状のため水をタンク内部に注ぐ時も音が全くしません。静音サーバーの定番ボトルとして、家庭だけでなく医療施設やオフィスでも好評を博しています。同じく「パック式」も音が静かですが、その最大の魅力はゴミ捨ての手軽さです。使用後はコンパクトに折りたたみ、コンビニなどで配布されているゴミ袋と一緒に捨てるだけ。かさばる使用済みボトルも手のひらサイズです。

ボトル交換位置も、ウォーターサーバーの音に関係しています。ボトル容器をサーバー上部に設置する「上置きタイプ」は比較的静かです。一般的なサーバーの形状で、多くのメーカーがこの方式を採用しています。取り換え位置に水をためるタンクがあり、そこに水を流し込んで使う構造です。水の交換作業が少し辛いですが、音自体は意識しないかぎりほとんど気にならないレベルで、静音を重視するならこのタイプを選んで間違いないでしょう。これに対して、容器をサーバー下部に設置する「下置きタイプ」は、残念ながら水をポンプで吸い上げるときの音が聞こえてきます。とはいえ、水の取り換え作業はこちらのほうがラクです。ボトルを持ち上げるのが大変な女性や高齢者には評価が高く、メーカーによっては静音設計を売りにしているサーバーもありますので検討の余地はあるでしょう。

ウォーターサーバーの音が気になる場合の対策

現在ウォーターサーバーを使っている場合は、簡単に買い替えたりメーカーを変更することが難しいかもしれません。とはいえ、「音が気になって仕方がない」と困っている人もいるでしょう。今使っているサーバーの音もちょっとした工夫で騒音を抑えることができます。有効な対策を5つ紹介します。1つ目は「サーバーを壁や隣の家具に接触させない」ことです。サーバーを壁や家具に接触させて設置すると、サーバーからの音や振動が増幅されて、床や壁にも伝わってしまいます。サーバーの設置は、必ず壁や家具から離しましょう。サーバーの周囲にもなるべく物は置かないようにして、共鳴するものがない状態がベストです。

2つ目は、家電設置の基本ですが「傾けて設置しない」ことです。サーバーの傾きは、水漏れや故障・機能の低下といった原因になりかねません。また、傾きによって内部の機械音が大きく響くこともあります。安定した水平の場所に設置しましょう。3つ目は、「生活スペースから離れたところに設置する」ことです。例えば、廊下やキッチン、玄関など長く過ごさない場所を選べば、集中したいときやくつろいでいるときも騒音に悩まされることがありません。スペースがとれなければ、極力ソファやベッド・勉強机などといった生活上ポイントとなる家具から離れた位置に設置しましょう。

4つ目は「防音マットを敷く」ことです。防音マットは素材や機能が豊富にありますので、厚みがあり硬く、滑りにくいものを使えば安全にサーバーを設置できます。もちろん、カーペットやラグでも構いませんが、防振タイプであれば地震と騒音対策が同時にできて一石二鳥です。ネット通販やホームセンターですぐ手に入るので、ぜひ活用してください。ただし価格には開きがありますから、機能やデザイン・コスト・メンテナンスといった点を比較して選ぶ必要があるでしょう。5つ目は「エコ温水モードを使う」ことです。一部のメーカー限定の機能ですが、このモードにすると温水の温度が5℃低くなり、その分だけ音も静かになります。消費電力も抑えられますから節電対策にももってこいです。熱いお湯を使うことがないなら、常に「エコ温水モード」にしておけば静音と節電が叶えられます。

ウォーターサーバーを快適に使おう

lineup-02.jpg

ウォーターサーバーは、種類によっては使用時の音が気になる場合もあります。使用方法や種類をチェックして、不快な音が出ないように工夫して使いましょう。業界最大手の「クリクラ」では、「上置きタイプ」のボトルを採用していますので、音が気になりにくくおすすめです。毎日の生活に、安心・安全のおいしい水をぜひ取り入れてください。