ウォータージャーナル

ウォーターサーバーの配置をチェック!どこに置くと使いやすい?

ウォーターサーバーがあれば、いつでもおいしくて安全な水を飲むことができます。沸かす手間なく温水を楽しめたり、料理に活用できたりと、使い方次第で生活が便利になるでしょう。しかし、ウォーターサーバーの導入を考えている人の中には、どこに置くべきか迷っている人も多いかもしれません。そこで、この記事では、ウォーターサーバーをどのように配置すればよいのか、使い勝手を考えた配置について解説します。

ウォーターサーバーの設置スペースはどれくらい?

shutterstock_1265285059.jpg

ウォーターサーバーには、一般的に床置きタイプと卓上タイプの2種類があります。大きな違いは、ウォーターサーバー本体の「背の高さ」です。多くのメーカーが取り扱っている床置きタイプは、名前の通り床に設置するタイプのため、大人でも立ったまま使いやすいよう、ある程度の高さを備えています。一方で、卓上タイプは棚やテーブルなどに置くことを前提としているため、床置きタイプよりもコンパクトなつくりになっているのが特徴です。

このように、種類によってサイズや形状が大きく異なるため、どちらのタイプを選ぶかによって設置スペースも変わってくるでしょう。また、ウォーターサーバーはメーカーによってさまざまなデザインを提供しているため、たとえば、同じ床置きタイプでもメーカーによってサイズが異なることがあります。スタンダードな床置きタイプのサイズは、幅約30cm、奥行き約35cm、高さ110~135cm(ボトル込み)です。卓上タイプの場合、床置きタイプと比べて幅と奥行きはあまり変わりませんが、高さが半分程度になる傾向があります。

生活導線を考えた配置が基本

ウォーターサーバーの設置場所を決める際には、生活の導線を考えた配置が基本です。日常生活の中で、水やお湯が必要になる場面は意外と多くあります。ただ水を飲むだけなのか、それとも料理にも使うのかなど、実際に使う場面を想像して、どこにあれば使いやすいかを考えて配置しましょう。また、生活導線の中に、設置可能なスペースがあるかを考えるのも重要です。定期的に水が入ったボトルを変える必要があるため、ボトルの変えやすさなども考慮するといいかもしれません。人気の配置は、水やお湯を使う場面の多いキッチンやリビングですが、中には寝室に置いて使う人もいます。ここに置くべき、という決まった場所はないため、ウォーターサーバーが設置できる場所の条件を満たし、かつ、使い勝手のいい場所を選ぶといいでしょう。

コンセントのある場所に配置

ウォーターサーバーを使用するためには、実はコンセントが必要です。なぜなら、給水が電動でなくても、冷却や加熱に電気を使うためです。基本的に、ウォーターサーバーの電源は入れっぱなしになるため、他の用途には使えなくなることを考えて配置するといいでしょう。ただし、狭いスペースに無理やり置くのは要注意です。というのも、壁や隣の家具との距離が近いとウォーターサーバーの放熱がうまくいかず熱くなりすぎてしまい、本体に負荷を与えてしまったり、放熱するために余計な電力を消費してしまったりするのです。そうなれば、故障、もしくは普通に使用した場合よりも電気代が高くなってしまう恐れがあります。

また、置く場所によっては他の家具や電化製品との共鳴による振動が気になることもあるでしょう。こうした騒音は、設置場所を変えることで解消できます。壁とぴったりくっつけることで背面の掃除もしづらく不衛生になってしまう恐れもあるため、できれば周りの壁や家具からは10cm程度離して配置すると安心です。なお、延長コードや電源タップなどのたこ足配線を利用した場合、発熱や発煙が起きるなど火災につながる恐れがあるため、なるべくコンセントを直接利用するようにしましょう。

置いてはいけない場所もある

ウォーターサーバーには、実はあると便利な場所であっても、条件的に置けない場所もあるため注意が必要です。たとえば、冷蔵庫やコンロ、オーブン、テレビなど、放熱するものの横は避けたほうがいいでしょう。ウォーターサーバー本体も電気を使用しているため、本体が熱を帯びることがあります。そこに、同じように熱を発する機器が集まることでウォーターサーバーの温度が上昇し、サーバー本体の劣化が早まる可能性があるのです。特に、高温になりやすいコンロの近くは避けましょう。最悪の場合、火災に発展してしまうことも考えられます。性能面でいえば、本体が熱を持っていると、水を冷却するためにも余分なパワーを使うことになり、結果的に電気代が上がってしまうことにもつながります。

また、直射日光が当たる場所も避けなければいけません。具体的には、窓際や日中日の当たる場所は要注意です。ウォーターサーバーの温度の上昇をはじめとして、雑菌の繁殖や機械の劣化にもつながる恐れがあります。正常な利用ができなくなる可能性があるため、日差しには十分注意しましょう。一方で、高温多湿になる場所も避けるべきです。洗面所やクローゼットの中などは風通しが悪く、カビの発生につながるリスクがあります。菌の繁殖によって水が劣化し、味も変化してしまうため気をつけましょう。

部屋や家具の扉と干渉する場所も、避けたほうが安全です。開閉の際にウォーターサーバー本体に当たると、故障や転倒の原因になります。さらに、地震の発生時などに転倒し、扉を塞いでしまう可能性もあります。また、冷暖房の冷風、温風が直接当たる場所も、機械の不具合につながるため注意を払わなければいけません。なお、屋外は直射日光が当たりやすく、ホコリや雨などによって本体が汚れやすいので推奨されていません。玄関やガレージなども砂埃などがウォーターサーバーに付着しやすく汚れやすいため、避けたほうがいいでしょう。水自体が安全なものであっても、設置場所によってはその安全が保たれない可能性があるのです。ウォーターサーバーは精密機器のため、本体の故障につながるような場所には置けないので注意しましょう。

目的に合わせて配置する

設置する上で重要なのは、使用の目的をはっきりさせることです。たとえば、料理に使う頻度が高いであれば、キッチンに配置すると便利でしょう。ウォーターサーバーは冷水だけでなくいつでも温水を出すことができるので、お湯を沸かす手間も短縮できます。また、おいしい水を使うことで、普段のお米やお味噌汁がよりおいしくなるというメリットもあります。一方で、家族みんなで使うのであれば、リビングへの配置が便利です。背の低い子どもでも自分で水を汲めるので、喉が渇いたときに大人の手を借りずに水分補給をすることができます。また、団らん時や人を招いた際など、キッチンに行かなくてもリビングでお茶の準備ができるのもうれしいポイントです。

意外に感じるかもしれませんが、実は寝室への配置も人気です。特に、寝室とキッチンが離れている場合は、夜中に喉が渇いても寝室で水分補給ができます。さらに、赤ちゃんのいる家庭では、寝室内で気軽にミルクをつくれるため重宝されています。常に温水が出る状態になっているため、赤ちゃんがぐずる時間を最小限にしてミルクを与えることが可能です。冷水と混ぜ合わせることで温度調整も可能なので、赤ちゃんにぴったりな温度のぬるめのミルクが簡単にできあがります。日中も赤ちゃんのミルクづくりをメインにするのであれば、赤ちゃんのベッドとキッチンの間の導線上にあると便利です。

導入前に配置を考えておこう

shutterstock_287744294.jpg

ウォーターサーバーを設置するためにはある程度のスペースが必要なため、導入を決める前にどこに置くかを決めておく必要があります。ウォーターサーバーの設置場所に向いているのは、生活の導線上邪魔にならず、コンセントがある場所です。置いてはいけない場所も配慮し、いくつか候補を挙げた上で、もっとも適した場所を選ぶことが大切です。