ウォータージャーナル

赤ちゃんのウォーターサーバー!卓上と床置きどちらがおすすめ?

赤ちゃんのミルクや離乳食に便利なウォーターサーバー。重い水を買いに行かなくても、毎日おいしい水が利用できると需要も増えています。冷水と熱いお湯両方使えてとても便利ですが、そこで気になるのは、赤ちゃんがいたずらしても安全かという点。赤ちゃんがいる家庭にウォーターサーバーがおすすめな点を含め、赤ちゃんにとって卓上と床置きのどちらが適しているかを紹介します。

赤ちゃんのウォーターサーバーに必要な条件

shutterstock_345101900.jpg

毎日使う大事な水だからこそ、家族はもちろん、赤ちゃんには特に安全な水を使いたいものです。赤ちゃんに適したウォーターサーバーの条件とは、まず第一にミルクの調乳に使用できることでしょう。ウォーターサーバーは冷水はもちろん、75度から85度のお湯を出すことができます。赤ちゃんが飲む粉ミルクには、十分な栄養が含まれているため、ミネラル分を多く含む硬水を粉ミルクに使用してしまうと、赤ちゃんの内臓に負担がかかってしまいます。

そのため、ウォーターサーバーの条件としては使われている水が軟水であることが求められます。また、温水・冷水がコックをひねるだけですぐ使用できれば、忙しい合間にもすぐミルクの用意ができるでしょう。もちろん不純物を含まない水で、赤ちゃんが直接飲む飲料水としても安心して使えることは最低条件です。熱いお湯が出ると赤ちゃんがいたずらしてしまわないかと不安になりますが、流通している多くのウォーターサーバーにはチャイルドロックがついており、クリクラの場合お湯のコックは1度奥へ押し込まないと下げることはできません。チャイルドロックは大人でないと動かせず、赤ちゃんや小さな子供の力では温水を使用することはできないようになっているのです。赤ちゃんがいる家庭では、チャイルドロックも必要な機能です。

赤ちゃんがつかまり立ちをし始めると、様々なものを触ろうとしてしまいます。温水のコックにチャイルドロックがついていればヤケドの心配もありませんし、希望があれば冷水のコックにも適用してもらうことが可能です。

卓上式はいたずらしにくい?

ウォーターサーバーは床置きタイプのものと、卓上にも置けるタイプがあります。卓上タイプであれば高い所に設置し、赤ちゃんのいたずらを防止できるのではないかと考えてしまいがちですが、必ずしも安全ではありません。赤ちゃんはどんどん成長し、周りが思っている以上に行動的です。つかまり立ちが始まるとあっという間に周りをよじ登り始め、背の低い卓上タイプのウォーターサーバーだと、むしろ手が届きやすくなってしまいます。

卓上タイプのウォーターサーバーは、ボトル部分を省いた本体の高さが50センチほどしかありません。そこへ12キロのボトルを設置しているため、ややバランスが悪く、しっかり固定していないと少しの衝撃でも倒れてしまう可能性があります。たとえウォーターサーバー自体を高いところへ設置しても、置いてある台やテーブルを赤ちゃんが揺らしてしまえば、赤ちゃんの方へ落下する危険もあるのです。卓上タイプは床置きタイプに比べコンパクトになっており、あまり設置場所に困らないというメリットがあります。ですが、赤ちゃんがいる家庭ではその限りではなく、徹底した固定と管理が必要になります。

床置き型のやけど・いたずら防止

一方、床置きタイプのウォーターサーバーでも、赤ちゃんのいたずら防止への工夫は必要です。まず温水コックにチャイルドロックがついていることは必須ですが、契約する際にメーカーへ希望し、冷水側にもチャイルドロックをつけてもらうと、思わぬ事故を防ぐことができます。チャイルドロックがついているからと安心せず、常にロックが機能しているかを確認することも重要です。ウォーターサーバーの周りを柵で囲うのも有効ですが、柵から手を伸ばしても確実に手が届かないところへ設置する必要があります。

赤ちゃんのいる家庭では、キッチンの入り口や危険なところにベビーゲートを設置している家庭も多いでしょう。ベビーゲートがある部屋にウォーターサーバーを置いておくことで、確実に手を触れないよう遠ざけることができます。赤ちゃんは目に入るものは何にでも興味をもち、特に押したり引いたりすると物が出てくる仕組みが大好きです。そのため、ウォーターサーバーに釘づけになってしまう可能性もあるので、できるだけ目に入らないようにすることも必要でしょう。

子供は大人のまねをして育ちます。チャイルドロックを解除する手順も、いつまでもできないままとは限りません。大人にとってはやや不便かもしれませんが、よく注意しながら使用しましょう。

赤ちゃん用には卓上より床置きを選びたい

卓上タイプと床置きタイプ、2種類のウォーターサーバーを比較しましたが、選択肢としては、床置きの方が圧倒的に種類が多いのです。そのため、赤ちゃんにぴったりな水を選ぶことができ、卓上タイプに比べ床置きタイプの方が安定しているので、サーバーの転倒や落下の危険性が少なくて済みます。卓上タイプは移動も簡単で、高さも約50センチとコンパクトな点が魅力です。しかし、きちんとしたチャイルドロックがついていれば、床置きのウォーターサーバーの方が、安全面も使い勝手の良さも優れています。

赤ちゃんはパパやママの予想を超えたイタズラをしてしまいがちです。少しでもリスクを遠ざけることで、便利なウォーターサーバーを安全に活用していきましょう。

赤ちゃんのためのウォーターサーバーはクリクラがいい

数あるウォーターサーバーの中でも、赤ちゃんに使用するにはクリクラがとても優れています。2019年1月のデータでは、産院での利用率No.1であり、ミルクの調乳にも適したRO水が使用されています。RO水とは天然水と違い、RO膜という特殊なフィルターを通したピュアウォーターのことです。ミネラル分が調整されており、胃腸の弱い人や赤ちゃんの内臓にも負担がかかりません。温水に関しても、沸騰した熱いお湯ではなく、調乳に適した75~85度で設定されています。温水と冷水がすぐ注げるので、ミルクの温度調整が手早くできるのはとても魅力的です。

クリクラのウォーターサーバーは、温水のコックについているチャイルドロックはすべて標準仕様となっており、冷水のコックにも希望により無料でつけてもらうことができます。そのためヤケドの心配もなく、冷水で水浸しになってしまうリスクも避けられるのです。赤ちゃんがいる家庭では何かと出費も気になりますが、クリクラはコストパフォーマンスの面でも優れており、ウォーターサーバーのレンタル料、配送料、設置費などもすべて無料。水の料金も12リットル1,250円と安く、解約時の違約金も不要です。

通常ウォーターサーバーは、コンセントにつなぎ電源を入れて使用しますが、停電が起こっても、常温の水であれば出すことができます。水自体も未開封で6カ月保存することが可能なため、万が一の非常時でも、赤ちゃんが飲める備蓄水として重宝します。災害時の備えとして活用すると安心でしょう。興味はあるけどまだ不安、という方は、クリクラの無料お試しサービスもおすすめです。通常サイズである12リットル分のボトル1本とウォーターサーバーを1週間、無料でお試しすることができますので、実際に使ってみて改めて検討すると良いでしょう。

赤ちゃんにも毎日使う大事な水だからこそ、安心できるウォーターサーバーを選びましょう。

赤ちゃんのためにクリクラを設置しよう

img-02.jpg

赤ちゃんがいる家庭では、3時間に1回新しいミルクを作る必要があり、ミルクだけではなく離乳期もやってきます。ミルク作りにも離乳食作りにも、さらには飲料水としても必要なときすぐに利用でき、赤ちゃんを待たせなくて済むクリクラのウォーターサーバー。忙しいママやパパにもおすすめのウォーターサーバーの設置を、ぜひ検討してみてください。