ウォータージャーナル

手作りウォーターサーバーの問題点は?どこまでなら自作できる?

家庭で安心・安全な水やお湯をいつでも楽しめる便利なウォーターサーバーですが、費用などのことを考えて自分でウォーターサーバーを作ってみようかと思い立ったことはないでしょうか。今回は手作りのウォーターサーバーの問題点や、どの程度なら自作しても大丈夫かなどを紹介すると共に、デコレーションの方法などについても紹介します。

ウォーターサーバーの構造はどうなっているの?

shutterstock_137313419.jpg

ウォーターサーバーは蛇口レバーを操作するだけでいつでも冷たい水や温かいお湯が出て来てくる、とても便利なものです。その内部の構造はいったいどうなっているのでしょうか。実はウォーターサーバーの内部には冷水用の貯水タンクと温水用の貯水タンクがあり、それぞれの貯水タンクに常時一定量確保することによっていつでも冷水やお湯が出てくる構造となっているのです。

ウォーターサーバーで水を冷やす仕組みには2通りあります。1つ目は電気式と言われる仕組みです。冷水用のタンク内に「ペルチェ」と呼ばれる素材が設置され、そこに電気が通ることによって水の温度が下がるのです。この仕組みでは常温の水を冷やすのに3時間前後かかってしまいます。2つ目はコンプレッサー式と言われる仕組みです。これは冷水用のタンクに冷媒を循環させる配管を設置することで水を冷やす仕組みとなっています。これは冷蔵庫などと同じ方法で比較的短時間で水を冷やすことができ、大容量の水にも対応しています。

次に水を温める仕組ですが、これにも2通りあります。まず1つ目は電気ポットと類似している仕組みです。温水タンクの外側に電気式のヒーターが巻き付けてあり、電気によってタンクごと加熱することで水が温まり保温される仕組みとなっています。2つ目の仕組みは温水タンクの中に金属の棒が設置され、それを電気の力で温めて中から水を温めます。

手作りウォーターサーバーの問題点

自宅で毎日美味しい水やお湯を使ってコーヒーやお茶を飲めるウォーターサーバーですが、ウォーターサーバーを設置するにはそれなりに費用がかかります。そこで、人によってはウォーターサーバーを自分で作ることはできないのかということを考えるかもしれません。ウォーターサーバーには水道水直結式とボトル交換式があります。まず水道水直結式のウォーターサーバーの自作について考えてみますが、このタイプのウォーターサーバーには水をろ過する装置が付いています。その装置自体を自分で作るのはとても困難です。

災害用などのどんな水でも飲み水に替えることができる小さなろ過装置も売られていますが、自宅のウォーターサーバーに使えるほどのものではありません。またペットボトルに小石や活性炭等を順番に入れて層にし、水をろ過する方法もありますがこれも普段使う大量の水を作るのには不向きです。次にボトル交換式の自作についてですが、大きな蛇口付きのポリタンクなどを購入してきて、それにミネラルウォーターを入れておけば一応形にはなります。しかしそれでは冷水やお湯は飲めません。一般的なウォーターサーバーのようにいつでも冷水やお湯を飲めるようにするには、前述したような水を冷やしたり温めたりする装置が必要となるのです。

こうした装置自体を自作することは難しく、さらに装置自体売っていたとしても費用がかかります。さらに装置を手に入れて自作のポリタンクに入れて使用したとしても、一般的なウォーターサーバーのようにクリーンシステムがないために、衛生面での問題が出て来てしまうのです。これらのことを考えると、一般的な機能を備えるウォーターサーバーの自作は現実的には難しいでしょう。大きめの蛇口付きのタンクを購入し、それにミネラルウォーターを入れて味の変化をつけるために、レモンの輪切りを何枚か入れたりミントの葉を入れたりして楽しむ程度にした方が良さそうです。

ウォーターサーバーのボトルラックを手作りしよう

ウォーターサーバー自体の手作りはできなくても、その他は自分でアレンジしたり手作りしたりすることができます。まずウォーターサーバーを利用した時に気になるのが、予備のウォーターボトルの置き場所ではないでしょうか。床にそのまま置くと場所を取りますし見栄えも良くありません。そこで、ここからは手作りのウォーターボトルの棚やボトルラックをいくつか紹介します。

まずカラーボックスを使ったベンチ式のウォーターサーバーの棚です。ウォーターボトルがすっぽり入る大きさの、頑丈なカラーボックスを用意します。それと材料は厚めの天板と蝶番、適度なクッションです。カラーボックスを上むきにしてウォーターボトルを入れ天板を蝶番で取り付け、その上にクッションを乗せて完成です。壁際に置くと座るのも楽でウォーターボトルも隠れるので一石二鳥となります。カラーボックスは、そのまま縦に置いてウォーターボトルを入れて部屋のインテリアに合ったカーテンや扉を蝶番で付けて使っても良いですよね。

次にスチールパイプにプラスチックをコーティングしてあるイレクターパイプを使ってウォーターボトルのラックを作ります。ボトルを置くスペースに合ったサイズのパイプとジョイントを用意して組み立てるだけです。自分のアイディアによって様々な形に作れるので、これもお勧めの方法です。この他にも段ボールを自分好みにデコレーションしたり、インターネットで市販のラックも売っていたりするので探してみるのも良いかもしれません。

ウォーターサーバーをデコって手作り風にする

ウォーターサーバー自体の手作りは前述したとおり厳しいものがあります。しかし部屋のインテリアとウォーターサーバーが合わない場合は、自分でデコレーションして手作り風にすることができます。例えばタンクに様々な模様の布カバーをつけたりサイズに合ったカゴをデコレーションしてタンクに被せたりするなど、オリジナルなものを作ることができます。

さらにウォーターサーバー自体にシールやデコレーション用のストーンなどで、飾り付けたいと思っている人もいるかもしれません。その場合はウォーターサーバー本体の放熱する換気口を塞がないように気をつけましょう。またウォーターサーバーはタンクもサーバー自体もレンタルの場合が多く返却する際には原状回復して返さなければいけません。デコレーションをする時はそれを想定したうえで飾り付けをしましょう。

クリクラを手作り風にアレンジしてみよう

クリクラのウォーターサーバーは、本体は白一色で表面はつるつるし、手作り風にアレンジしやすくなっています。ボトルは水色で回収式です。クリクラのウォーターサーバー本体もレンタルなので、デコレーションする場合は綺麗に剥がれるシールや原状回復できる方法で飾り付けをしましょう。またボトルのデコレーションも原状回復を想定して、飾り付けることが大切です。

例えばホームセンターなどで売っている模様付きのビニールシートでタンクを覆ってみたり、お好みの布でカバーを作って被せたりするとアクリルなタンクも部屋のインテリアのイメージに合います。布でキャラクターの顔を作って被せても面白いですね。またタンクのサイズに合ったカゴに造花や人工観葉植物を付けて被せれば、どんな部屋のインテリアにも合うでしょう。さらに可愛いレース模様の鳥カゴをタンクに被せたりすると中のボトルが水色なので、とてもガーリーな雰囲気にもなります。

可能な範囲で手作りを楽しもう

shutterstock_777642550.jpg

ウォーターサーバー自体を手作りするのは難しいかもしれませんが、ウォーターサーバー本体にデコレーションしたり、ウォーターボトルにカバーを付けたりしてオリジナリティーを出すことは可能です。また部屋のインテリアに合わせたボトル棚やラックを作ることによって、部屋全体の雰囲気も変えることが出来ます。自分なりにできる範囲で手を加えて、楽しんでみてはいかがでしょうか。