ウォータージャーナル

水素水は摂取方法が大事!水素の効果を得るためには

水素には、アンチエイジングなどに関するさまざまな作用があるといわれています。しかし、水素水に効果があるのかどうかについては疑問だという人も多いでしょう。そこで、水素水とはそもそもどのようなものかを説明しつつ、期待できる効果やおすすめの飲み方について紹介します。

◇水素水とは

「水素水」とは、水素分子や水素イオンを溶かし込んだ水のことです。水素には健康面でさまざまな効果があるため、それを飲用水に封じ込めて摂取してしまおうというのが水素水です。しかし、水素水の研究データはまだ少なく、実際の効果については不明な点が多いというのが実情です。研究者によっても「効果があった」という人もいれば「ただの水と変わらない」という人もいて、意見が分かれています。とはいえ水素自体に効果が期待できることに変わりはありません。
水素そのものにはアンチエイジングと関係が深い「抗酸化作用」があるとされています。抗酸化作用とは、シミ・シワなどの老化現象や生活習慣病の原因でもある「活性酸素」を除去する働きのことです。水素はとても酸化しやすい物質なので、体内では優先的に酸化されます。その結果として、私たちの体は酸化から守られるというわけです。チョコレートやワインなどに含まれるポリフェノールも抗酸化作用をもつ物質として有名ですが、水素にも同様の効果があるのです。また、水素には炎症やアレルギー症状を抑えたり、脂質代謝を改善する働きもあるといわれています。
ここまで読んで、「普通の水にも水素が入っているじゃないか」と疑問に思った人もいるかもしれません。確かに水は水素と酸素からできています。しかし、水というのは既に酸化した状態の水素です。この状態は化学的に安定しているので、抗酸化作用のような効果はありません。効果を得るためには、まだ酸化されていない水素が必要です。そのため、水素を水に溶かした水素水に効果が期待されています。

◇水素水の生成方法

水素水は水に水素を溶かしただけのものなので、簡単に作れそうな気がするかもしれません。でも、水素水は空気に触れただけで、どんどん水素が逃げて行ってしまうのです。そのため、うまく水素を閉じ込めておくために、色々な生成方法が工夫されています。水素ガスを充填してすぐにパックする方法と、電気分解する方法が代表的なものです。水素水を選ぶときは、その製品がどのように作られたものなのかをチェックしてください。そして、普通の水の代わりにたくさん飲んでも安心できる、不純物の少ないものを選びましょう。
比較的手軽に入手できるのは、ミネラルウォーターに水素ガスを封じ込めてパウチしたタイプの製品です。水素が抜けないうちに飲みきれるようにゼリー飲料くらいのサイズになっています。水素を通さないアルミ素材でパウチされたものを選ぶようにしましょう。このタイプは少し割高ですが、ちょっと水素水を試してみたいという人におすすめです。ただし、ミネラル成分の摂り過ぎになる場合があるので、たくさん飲みすぎないように注意してください。
家庭で水を電気分解して、水素水を作れる製品も発売されています。一度に作れる量や生成時間によってさまざまなタイプがあり、ランニングコストもそれぞれ異なります。据え置きタイプのものであれば初期費用は少々高めですが、水素水を低いランニングコストで作れるのが特徴です。お手入れがしやすく清潔に保てるものを選べば、水素水を飲む生活を無理なく続けられるでしょう。

◇水素の効き目は体内に入ってから数十分間

水素水を飲んだときの効果は、実はほんの短い間しか持続しません。水素水に含まれる水素は、飲んだ直後から気体になって、すぐに呼吸とともに抜け出し始めます。およそ10分程度でほとんどが体の外に出てしまいます。そして1時間程度で、呼気に含まれる水素量は水素水を飲む前と同じになります。その間に一部の水素が血管に入り、血液に乗って体の中を巡ります。市販の薬を飲んだときには数時間から半日持続することを考えると、効き目はかなり短いといえるでしょう。

◇水素水を効果的に摂取する方法

水素は短時間しか体にとどまっていないので、一度に大量に飲んでもあまり意味がありません。こまめに補給するように心がけましょう。基本的には、普通の水と同じように水分補給したいと感じたときに飲むようにすれば大丈夫です。朝起きた時や風呂上がり、運動の後など、喉を潤したいときに水の代わりに飲むようにしましょう。
水素水生活を長く続けるつもりなら、飲みやすさや手軽さも重要なポイントになります。自宅で使う据え置きタイプの水素生成器なら、クリクラの「マジックポット」がおすすめです。タンブラー型なので、少量ずつ素早く高濃度の水素水を作ることができます。クリクラのお水代と合わせても、500mlが約87円(税別)という低コストなのも嬉しいところです。いつでも作りたての水素水を飲みたいという人は、ぜひ検討してみてください。

*記事に関連した情報を見る
ウォーターサーバー「クリクラ」の水について