ウォータージャーナル

ウォーターサーバーの水が不衛生って本当?安全な水を飲むためのポイント

おいしい水が手軽に飲めるウォーターサーバーを使う家庭が増えてきました。しかし、サーバーを使ってみたいけれども、水は清潔なのだろうかと心配している人もいるかもしれません。ウォーターサーバーの水は「衛生」という観点からみるとどうなのでしょうか。また、どうすればより清潔に使用することができるのでしょうか。ウォーターサーバーの衛生問題について解説します。

◆不衛生の原因は菌の繁殖!

見た目が透き通っていてきれいな水でも、雑菌が繁殖していたら衛生的とはいえません。菌が入って増えることで水は不衛生になり飲めなくなります。水道管を通って家庭に送られてくる水道水は、塩素で殺菌されています。そのため、水道の蛇口から出た水は衛生状態を気にせずにそのまま飲むことができるのです。ただし、その代わりに水道水はカルキ臭がしておいしくないといわれます。

ウォーターサーバーの水がおいしいといわれるのは、消毒のための塩素が入っていないからです。ウォーターサーバーの水は製造過程で殺菌・消毒してパックやボトルに密閉され届けられます。未開封ならば半年から1年程度は保存することができるのも、殺菌された衛生的な水だからです。しかし、いったん細菌が侵入すると、塩素が入っていないため水道水よりは雑菌が繁殖しやすいといえるでしょう。そのため、メーカーは開封後の水は早めに飲むようにすすめています。また、セットする前のボトルやパックの中の水には衛生上の問題がなくても、ウォーターサーバー本体にセットした後で細菌が侵入する可能性は否定できません。細菌の侵入を防ぎ常に衛生的な水を飲むためには、サーバーの選び方やメンテナンスが重要です。

◆ボトル内に空気が入るタイプでも安心

ウォーターサーバーの水が入った容器には、形の変わらない固いボトルタイプ(リターナブル型)と形の変わる柔らかなパックタイプ(ワンウェイ型)の2種類があります。中の水を使ったあと、ボトルタイプは業者が回収して工場できちんと洗浄して再利用されますが、パックタイプはそのまま使い捨てにされるのが一般的です。資源の有効活用というエコの観点からみると、リターナブル型は利点が大きいといえます。

パックタイプは水が減るにしたがってパックが縮んでいくので、内部に空気が入りにくい構造になっています。したがって、空気中の雑菌の侵入を防ぎやすいのです。一方、リターナブル型のボトルは水を使うにつれてボトルの中に外部の空気が入ってきます。そのため、水の中に空気中の雑菌が入るのではないかと心配する人もいるかもしれません。しかし、外部の空気を取り込んでも問題がないように、ボトルに入ってくる空気を特殊なフィルターに通しているサーバーがあります。このようなサーバーを利用すれば、フィルターが汚れを取り除いてくれるので安心です。

◆サーバーのメンテナンス・サポートのあるメーカーがおすすめ

いくら気をつけて使っても1年間ほど使用するとサーバーの内部に汚れが付着することもあります。電気で動く機械ですから動作確認も必要です。そのため、良心的な会社は定期的なメンテナンスを行っています。機械を回収し、専門知識のある人が丁寧に点検したり洗浄したりします。このようなメンテナンスをしてくれるメーカーのサーバーならば、安心して利用することが可能です。ウォーターサーバーを選ぶときは、メーカーのサポート体制にも注目しておきましょう。

◆本体のメンテナンスが大切

メーカーの定期メンテナンス以外に、家庭で日常的にできるメンテナンスもあります。それは、サーバーのさまざまな部分を清潔に保ち、アルコール除菌剤などで消毒することです。まず、ボトルを交換するときには、ボトルの差し込み口や周辺をキッチンペーパーなどで清潔にします。コックや水受け用のトレイは水が跳ね返ってしまい汚れがつきやすい場所です。こまめに水分を拭き取って消毒すると清潔にできます。細かい部分は綿棒にアルコールをつけて拭くと衛生的です。トレイなどが簡単に取り外せる場合は外して洗いましょう。

本体のお手入れも忘れずにします。月に1度程度、コンセントを抜いた後、掃除機で背面のホコリを吸い取りましょう。電源コードは乾いた布でホコリを拭き取ります。本体全体も乾いた布で拭きましょう。ひどい汚れがついていたら、湿った布やスポンジに中性洗剤をつけて拭き取るとさっぱりします。洗剤の成分はきれいに拭き取り、最後に乾いた布で水気をしっかり吸い取ります。安全な水を飲むためには本体のお手入れとメンテナンスが重要です。

*記事に関連した情報を見る
ウォーターサーバー「クリクラ」のサーバーの定期メンテナンスについて