ウォータージャーナル

赤ちゃんに与えるお水はミネラルウォーターが安心!

ミルク作りに離乳食、赤ちゃんには安全でおいしい水を飲ませたいものです。水道水かミネラルウォーターかをはじめ、ペットボトルタイプかウォーターサーバータイプかで選び方に迷うママも多いでしょう。ここでは、赤ちゃんにミネラルウォーターがおすすめの理由や、安全に飲めるお水とはどんなものかなどを、具体的に紹介します。

◆ミネラルウォーターを選んだほうがいい理由

日本の水道水は比較的安全であるとされていますが、水道水よりも、ミネラルウォーターを選んで飲んだ方がいい理由があります。ミネラルウォーターの成分には、豊富な「マグネシウム」が含まれています。マグネシウムは、腸内の便に水分を加え、やわらかくしてくれるため、固まった便がスムーズに出る効果があります。便秘に効果的な成分が、水道水よりも多く含まれているというわけです。また、ミネラルウォーターを飲むと、老廃物が尿によって排出されるという作用があります。これは、老廃物や毒素を排出する「バナジウム」という成分が含まれているためです。身体に老廃物が溜め込まれた状態になると、病気を誘発する恐れがあることから、ミネラルウォーターは病気予防に役立つと言われています。

◆ミルク作り・離乳食にもミネラルウォーターを取り入れよう

赤ちゃんに最適な水は、ミネラルウォーターです。ただし、硬水のミネラルウォーターではなく、硬度100mg/L以下の軟水を選んでください。硬水とは、硬度が高いミネラルウォーターのことです。硬水は赤ちゃんにとってはミネラルが含まれ過ぎているため、胃や腸、肝臓に負担がかかったり、ミネラルを分解しきれなかったりして、下痢を起こすこともあります。

赤ちゃんに必要とされるミネラルは、基本的には母乳やミルクで補えますが、ミルク作りや離乳食には、安全で口当たりなめらかな軟水のミネラルウォーターを使うのが安心です。人気のウォーターサーバーはさまざまなラインナップがありますが、硬水を扱っているウォーターサーバーもあるため、赤ちゃんが飲む場合の種類には注意しましょう。

赤ちゃんが飲むミネラルウォーターの選び方としては、不純物をしっかり濾過した自然な軟水であること、空気中のゴミや粉塵を90%以上除去しているものが良いです。一定した成分の軟水に調整されているミネラルウォーターであれば、赤ちゃんであっても安全においしく飲むことができます。

◆忙しい育児ではウォーターサーバーが大活躍

赤ちゃんを育児中のママは本当に忙しいものです。そんなママたちから、とりわけ注目されているのが「ウォーターサーバー」です。「ミルクや離乳食を作るのがラクになった」「すぐにお湯が出てくるから便利」などという声が絶えません。そんなウォーターサーバーには、実際どんな仕組みがあるのか、機能や安全面などが気になるところです。赤ちゃんがいる家庭に置くウォーターサーバーは、安全性をしっかりと提示しているものを選びます。

たとえば、衛生面でいえば、抗菌パックや特殊なフィルターで空気中の雑菌を排除する機能があったり、使用面でいえば、チャイルドロックや空だきを防止してくれたり。そういった安全性が確立されていることが重要です。赤ちゃんはウォーターサーバーに興味津々ですから、お湯のレバーにおける安全ロック機能は必須です。ヤケドを未然に防ぐために、簡単にはお湯が出ないような仕組みのものを選んでください。また、赤ちゃんが成長したときのことも視野に入れて、冷水のレバーも安全ロックレバーに変えられるシステムがあると、いたずら防止にもなるでしょう。

◆おいしいミネラルウォーターを赤ちゃんに飲ませよう

赤ちゃんには、きれいでおいしいお水を、安全に飲んでほしいものです。ミネラルウォーターにはさまざまな種類がありますが、赤ちゃんにとってベストなのは、軟水の安全性があるきれいなお水です。中でも、そんなお水が、レバーによってすぐに使えるウォーターサーバーはおすすめです。赤ちゃんにも安心して飲ませられるのはもちろん、忙しいママを力強くサポートしてくれるでしょう。

*記事に関連した情報を見る
赤ちゃんとママのためのウォーターサーバー「クリクラママ」についてはこちら