ウォータージャーナル

ウォーターサーバーって一体何がいいの?その魅力とは

水道ではなくウォーターサーバーを飲料水にしている家庭が増えています。しかし、その魅力を知らない人は「わざわざウォーターサーバーにするのはどうして」と疑問を持つでしょう。この記事では、ウォーターサーバーのメリットを解説します。

◆必要なときにすぐお湯が使える
水道水やミネラルウォーターを使っている家庭では、お湯が欲しいときにひと手間かかります。水を鍋にうつして熱したり、魔法瓶に入れたりしなくてはいけません。すぐにでもホットコーヒーやカップラーメンを作りたいときに、こうした作業はストレスになるでしょう。一方、ウォーターサーバーは自由に温度調整が効きます。つまみひとつでお湯が出てくるため、作る手間も時間も省略されます。毎日、キッチンに立つ人の効率も大きく上がるでしょう。一方で、つまみを調整すれば再び冷水に切り替わります。ウォーターサーバーは欲しい温度の水がいつでも手に入れられる道具なのです。

◆備蓄水になるので災害時に便利
日本は地震や台風などの自然災害が多い国です。そのため、普段から緊急時の備蓄を行っておく必要があります。そして、「水」は備蓄の中でも特に重要性が高いものです。水がなければ汚れを拭き取ることができませんし、トイレを済ませるのもひと苦労です。何より、飲料水がないと生命活動にかかわってきます。もしも災害で水道管が壊れてしまい、回復に時間がかかるとなったら備蓄水で生活をまかなうしかありません。ウォーターサーバーは水道の状況に関係なく、家庭で水を確保できるシステムです。かなり過酷な災害が訪れ、家に閉じ込められたような状態でも水を維持できます。政府が発表している「1日3リットル」の飲料水に値する量を手軽に保てるでしょう。

◆安心で安全な水が飲める

日本の水道水は世界保健機関(WHO)の基準をクリアしており、安全な水質が保たれています。しかし、地域によってはカルキ臭がしたり、硬水になっていたりなどするため、どうしても合わない人が出てきます。また、東日本大震災における原発事故の影響で、放射能が気になる家庭も増えてきました。日本の水道水が絶対に無害かといえば、そうと断言できないのが現状でしょう。安心して飲める水を家庭で確保したいならウォーターサーバーが向いています。ウォーターサーバーは家庭に届ける前、しっかりと水質のチェックを行っています。放射能をはじめとする不純物の数値を測定してから出荷されるので、水道水よりも安全性が高いといえるでしょう。

◆水を買いに行く手間が省ける

水道水が不安ならミネラルウォーターを買い置きして使う方法もあります。ただし、ミネラルウォーターはスーパーやコンビニにまで調達しにいかなくてはいけません。まとめ買いをするのは大変で、家に運ぶだけでもかなりの労力がかかります。一方、クリクラをはじめとするウォーターサーバーのサービスは水の宅配を行っています。例えば、クリクラは2週間に1度のペースでスタッフが水を送り届けてくれるシステムです。重い水を自分で買いに行かなくて済むうえ、水の残りを気にしながら使う必要もありません。自宅で普段どおり過ごしているだけで水が補充されていくのはウォーターサーバーのメリットです。

◆ゴミが減ってエコ!

ミネラルウォーターのデメリットとして「ペットボトルの処分」も挙げられます。空になったペットボトルをゴミに出す作業が増えるため、忙しい人のストレスになりかねません。ラベルやキャップを分類するのも面倒です。また、エコの面からしても空のペットボトルが大量に出るのは決していい状態といえないでしょう。一方、ウォーターサーバーで何がいいのかというと、使い終わったボトルをスタッフが回収してくれる点です。自分でゴミ出ししなくてもいいので毎日のストレスが軽減されます。そして、回収されたボトルは再利用されるので、エコにも貢献しているシステムです。ウォーターサーバーは家族にも地球にも優しい方法なのです。

*記事に関連した情報を見る
お得で便利なクリクラのウォーターサーバーについて