ウォータージャーナル

自宅でお手入れ!ウォーターサーバーの掃除・メンテナンス方法

安心安全なお水のためにと設置したウォーターサーバー、設置後はメーカーのメンテナンスまで放置なんて人はいませんか?普通の家電製品と同じように、毎日使うものだから当然汚れもついてしまいます。いつでも安心してお水を飲めるようにウォーターサーバーも毎日のお手入れが大切なんですね。そこで今回は自宅で出来るウォーターサーバーのメンテナンス方法についてご紹介します!

☆本体の汚れは週に一度中性洗剤でしっかり落とす!

ウォーターサーバー本体の汚れは、主に手あかや埃です。毎日の乾拭きに加えて、週に一度ほど台所用中性洗剤を含ませた濡れ布巾でお手入れするのがお勧めです。このときに洗剤の成分が本体や蛇口付近に残らない様にしっかり二度拭きしましょう。クレンザーなどの研磨剤が入っているものやたわしで磨くと本体に傷がついてしまうこともあるので注意しましょう。
特に本体の背面には冷却のための機械などが組み込まれており、何かと埃が溜まりやすくなっています。月に一度は掃除機で吸い取るようにして埃が溜まっていないかチェックしてみて下さい。

☆蛇口は毎日のお手入れが大切

蛇口部分は手や食器が触れやすいため、一番雑菌が繁殖しやすくなっています。そのため毎日のまめなお手入れが必要です。使用後は清潔な乾いた布で水分や汚れをふき取り、寝る前には台所用アルコールなどで殺菌しておきましょう。レバーは特に手あかがつきやすく汚れやすい部分なので毎日中性洗剤を含ませた布巾でふき取っておくと見た目にも清潔な印象を与えます。

☆意外と見落としがちな受け皿に注意!

本体や蛇口は目につく分、拭き掃除をするけれど、ついつい受け皿は後回し・・・という方はいませんか?蛇口から落ちた水がたまったままになっていると雑菌が繁殖し、ぬめりやカビの原因となってしまいます。カビ菌は空気中に広がってしまうため、せっかくのウォーターサーバーがカビ菌の温床に!なんてことにもなりかねません。そんなことにならないためにも、見えないところこそ掃除しておきたいものです。
こちらは一度取り外して、食器洗い用洗剤で毎日洗い、しっかり乾かしてから設置するようにしましょう。

☆年に一度はメーカーメンテナンスを受けよう!

毎日お手入れしていても、内部の汚れはたまってしまいます。内部の汚れや傷みは素人にはわかりませんよね。こんな時に安心なのがメーカーのメンテナンスサービスです。
ウォーターサーバーを定期的に引き取り分解した上で、内部の機械や細かい部品に至るまで丁寧に洗浄、消毒してもらえます。こうしたメンテナンスサービスを定期的に受けることでいつでも清潔にウォーターサーバーを使用することが可能です。
メンテナンスでは清掃だけでなく傷んだ部分や不具合がある場合は部品の交換も行ってくれるので故障対策にも大いに役立ちます。一年に一回のメンテナンスを推奨しているメーカーが多いのでチェックしてみて下さい。

☆セルフクリーン機能やサーバーごと交換の場合も

メーカーによっては二年に一度の割合でサーバーごと交換してくれるところや、メーカーの定期メンテナンスが不要のセルフクリーン機能が搭載されたサーバーを扱っているところも出てきています。
一年に一回しっかりメンテナンスをしてもらい洗浄してもらうのがいいか、なるべくメンテナンスに時間をかけたくないかは意見の分かれるところですが、今後も機能の充実した多機能サーバーが登場しそうです。

水道水には水自体に殺菌作用のある塩素が含まれているため、雑菌が繁殖しにくい環境になっています。一方、ウォーターサーバーの水には殺菌成分である塩素が含まれていないため、水の触れるところには雑菌の繁殖する可能性があります。このため毎日のお手入れがとても大切になってくるのです。
ウォーターサーバーを設置したら毎日こまめなセルフメンテナンスを行い、メーカーのメンテナンスを上手に活用していつも清潔に保つよう心掛けて下さいね。

ウォーターサーバーの消費電力をサーバーの種類別でみる
ウォーターサーバーのレンタル料・ボトル料金をみる
無料お試しを申し込む

ウォーターサーバーのクリクラTOP