ウォータージャーナル

選んで飲んでいますか?大切なお水のこと

皆さんは普段どのようなお水を飲んでいらっしゃいますか?

自宅の水道に浄水器を設置している方、お店でペットボトル入りのものを買ってきている方・・・いろんな方法で水を用意できる昨今、お水の「質」にこだわっている人が増えてきているのをご存じでしょうか。お水なんてどれもこれも同じじゃない?と思っているそこのあなた!普段何気なくゴクゴク飲んでいるそのお水はいったいどのようなお水なのでしょう。自分だけでなく家族全員が直接カラダに取り入れる「お水」。今回は小さなお子様がいる家庭ではもちろん、プレママさんにもぜひ知って欲しい「天然水とRO水」についてご紹介します。


● やっぱり美味しい?天然水のホント

天然水と聞くと冷たくて美味しい湧き水を想像しますよね。実際ボトル入りの天然水はとても美味しいです。
その天然水、現在商品として売られているものは実際に特定水源から採取された水を使用します。しかし採取したそのままのお水をパックするのではなく、フィルターでろ過し不純物を取り除き、そのあと加熱処理などをして殺菌しボトルに詰めます。天然水の一番の売りはやはり「お水本来の味」であるため、味の基本となるミネラル分を損なわないような殺菌方法をするのです。そのため不純物やウィルスは採取された原水に左右されることが多く一概にゼロとは言えないこともありますが、そこは天然水と名乗る以上は仕方がないと言わざるおえません。味に定評がある天然水ですが、その他のメリットととしては取水場所によって様々なミネラルが含まれる点、そのミネラル分を強調しつつそれぞれ差別化をはかっている点が挙げられます。例えば近年よく耳にするバナジウムは「血糖値を下げる」として注目されているミネラル、またマグネシウムは胃腸の働きを活発にし便秘に効果があるミネラルなど、採取するその原水本来に含まれる成分をアピールして商品化しているのが特徴です。


● 知らなかった!RO水の魅力

それではRO水とはどのようなお水なのでしょう。

RO水とは、採取した水をROフィルターでろ過したお水のこと。この「RO」とはReverse Osmosis(逆浸透膜)で0.0001ミクロンの超微細孔フィルターを指します。このフィルターで非常に高度なろ過をするため、カルキや塩素はもちろん大腸菌といった細菌系、ダイオキシンやホルムアルデヒドなどの環境有害物質、発がん性が疑われているトリハロメタン、水銀・鉛などの重金属系の不純物の除去を行います。また震災以降注目されているセシウムやヨウ素などの放射性物質の除去までも可能なので安全性はバッチリ。その安全性がいつも安定しているのも安心です。しかしその高性能なフィルターゆえ、水に含まれているミネラル分も除去されてしまうのでろ過後はかなりクリーンな純水状態に。そのためろ過後ミネラル分を補填し水本来の味に近づけています。ミネラル分がカットされてしまうことに不安な方もいるかもしれませんが、そもそも飲水だけで1日分のミネラルを摂取することは不可能であるため、この部分については重要視されない方も多くいます。ということでRO水の最大のメリットは「安心安全クリーンなお水」ということになります。


● どちらがいい?我が家にあったお水は?

天然水、RO水、それぞれにメリット&デメリットがあり迷ってしまう方もいらっしゃるかもしれません。

そこで1つの選び方のご提案です。

妊婦・小さなお子様・体の弱いお年寄り・ペットが家族の中にいるという方にはRO水が断然おススメ。

それはなぜか?その理由をご説明しましょう。

例えば「マグネシウムが豊富な天然水」は硬度が高めなので胃腸が弱っている老人や消化器官が未発達な赤ちゃん・幼児には向きません。また尿路結石になりやすい犬や猫などのペットにとっても同じで硬水を与えるには注意が必要です。バナジウムやアルカリイオンを含む天然水も、元来の生活シーンで摂取する必要がないものを改めて摂る必要は赤ちゃんや老人にはないということで、そのような弱者にはミネラル分を重視するより安全性を求める方が賢明です。

逆に1人暮らしや夫婦2人、子供がある程度大きくなっている世帯など、大人だけで構成されている家庭が飲水に求めるものとしては「味や成分」が最重要視される傾向にあります。そこでこのような家庭には天然水がお勧め。自分好みな含有ミネラルを調べて試してみるのも良いですね。日本が世界に誇る日本酒は日本の美味しいお水が基本となっていますので、そのお酒と合わせて同じ取水地の天然水を飲んでみる、なんていうのも大人な楽しみ方の一つです。

いかがでしたか?天然水とRO水、どちらも一見「水」ですが中身は違っています。

これからはそれぞれ人生のフェーズに合わせてお水も選びたいものですね。

ウォーターサーバーの消費電力をサーバーの種類別でみる
ウォーターサーバーのレンタル料・ボトル料金をみる
無料お試しを申し込む

ウォーターサーバーのクリクラTOP