ウォータージャーナル

美肌とアンチエイジング効果に期待!ガスパチョレシピ

お洒落な人たちの間で人気のガスパチョをご存じでしょうか?トマトの酸味が効いたさっぱりとした冷製スープで夏の暑い時期にピッタリです。フレッシュなトマトを使ったガスパチョから野菜ジュースを使ったガスパチョまでアレンジも自由自在。今回は手軽に楽しめるガスパチョレシピをご紹介します。


ガスパチョとは


ガスパチョはスペインとポルトガルで人気の冷製スープです。スペイン料理のスープとして最も有名なものの一つで、暑さの厳しい地方や夏場に好んで飲まれています。
発祥はスペインのアンダルシア地方と言われており、「ガスパチョ」の名前の由来はラテン語で欠片という意味の「カスパ」やヘブライ語でバラバラにちぎるという意味の「ガザス」から来ています。
17世紀初期のガスパチョはパン、にんにく、塩、オリーブオイル、酢、水だけのシンプルなものでしたが19世紀ごろにはトマト、キュウリ、ピーマンなどが入るようになりました。トマトが主成分の赤いガスパチョが有名ですがトマトが入らない白いガスパチョもあります。ポルトガルのガスパチョはスペインのものよりもパンの割合が多いのが特徴です。
本来は木のすり鉢とすりこぎで素材をすりつぶしていましたが現代ではミキサーやフードプロセッサーを使って作ることが多くなっています。
スペインでは伝統的家庭料理としてそれぞれの家庭のオリジナルレシピが大切に守られています。


トマトジュースで簡単に作れるガスパチョレシピ


トマトジュースで作る簡単レシピ。好みの野菜を刻んで入れましょう。

材料(2人分)
トマトジュース(無塩)   400ml
ニンニク          1かけら
ズッキーニ(小)      1本
タマネギ          4分の1個
ナス            2分の1個
ベーコン          適量
コンソメスープの素     1袋
塩             小さじ4分の1
コショウ          少々
オリーブオイル       小さじ1

①ニンニクとタマネギはみじん切り、キュウリとナスは小さめのさいの目切りにする。ベーコンは1~2cmほどの幅に切っておく。
②鍋にオリーブオイルを入れ、弱火でニンニクの香りが立つぐらいまで炒める。
③ニンニクが香ってきたらタマネギとベーコンを入れて炒める。
④タマネギが透明になったらズッキーニとナスを入れ、塩コショウしてコンソメを入れさらに炒める。
⑤全体的に火が通ったら鍋のまま冷ます。
⑥具材が覚めてからトマトジュースを入れ、塩で味を調える。
⑦器に盛りつけてから故障とオリーブオイルを加える。


野菜ジュースで作る簡単ガスパチョレシピ


ガスパチョというとトマトを使ったイメージが多いですが、トマトの酸味が苦手な人には野菜ジュースを使ったガスパチョがお勧め。味もとってもまろやかです。お好みでタバスコを加えるとピリッとした辛味が加わり味が引き締まります。

材料(4人分)
野菜ジュース(食塩無添加)  400ml
水              200ml
キュウリ             1本
タマネギ           2分の1個
チキンスープの素       大さじ1
塩・胡椒・ハーブ       適量
タバスコ           少々 

作り方
①キュウリは4分の1をみじん切りにし、残りをざく切りにする。タマネギも皮を剥いてざく切りにする。
②野菜ジュースと水、①とチキンスープの素、好みのハーブをミキサーにかける。
③塩コショウで味を調えて器に盛りつけみじん切りのキュウリを飾る。お好みでタバスコを加える。


鮮やかな赤!トマトのサラサラガスパチョレシピ


ガスパチョらしいトマトの真っ赤な色が印象的。さらりとした口どけで食欲のない時でもさっぱりと食べられます。イタリアンドレッシングの酸味が効いて程よいアクセントになっています。トマトから水分が出るので水は少な目に入れましょう。

材料(2人分)
トマト         2個
赤ピーマン       3分の1個
タマネギ        8分の1個
オリーブオイル     スプーン1杯
イタリアンドレッシング 適量
塩           小さじ2分の1
氷           適量
冷水          適量

作り方
①トマト2分の1個を櫛切りにし、更に3等分に切る。
②残りのトマトと赤ピーマンを乱切りにし、タマネギは粗みじんにして水にさらし、水を切っておく。
③ドレッシング、塩、氷、水と一緒に②をいれてミキサーにかける。
④器に盛りつけオリーブオイルを回しかける。


ウォーターサーバーのクリクラTOP