ウォータージャーナル

つら~い冷え性・・・効果的な冷え性改善方法とは?

朝晩冷え込んでくると手足の冷えが気になる!という人も多いのではないでしょうか。夏場はエアコンの風で冷えるし、秋以降は指先や足先に冷えを感じてしまうという人は要注意!実はその冷え性、自律神経の乱れが原因かもしれませんよ。今回は女性に多い冷え性改善方法をご紹介します!


女性は冷えやすい?乱れた自律神経を整えよう!


冷え性が男性に比べて女性に多く見られるのは男性に比べて脂肪が多く筋肉量が少ないことに原因があります。
脂肪には熱を通しにくいという性質があり、血流の多い筋肉量も少ないので女性の体は一度冷えてしまうとなかなか温まりません。
一方冷え性は自律神経の乱れが大きく関係しており、女性はそもそも生理や更年期によるホルモンバランスの乱れが大きいことで自律神経の乱れを引き起こしやすい環境にあります。また、自律神経の乱れは建物の中と外の気温差やエアコンの風によってももたらされます。
エアコンの風に当たると皮膚が乾燥をキャッチし、自律神経が体温を奪われない様に血管や汗腺を収縮させます。このため末端の血流が鈍くなり冷え性が発症します。しかしいったん外に出てしまうと今度は暖かいため一気に血流が回復し、汗が出ます。このような作業を繰り返すことにより徐々に自律神経に負担がかかり、冷え性が慢性化していく恐れがあります。
冷え性改善に大切なのはこの自律神経の乱れを整え、体を内側から温めることです。


冷え性改善に効果的なお風呂の入り方


お風呂は血流を改善し、体を温めるのに最も重要な場所です。しかし間違った入り方をすると逆に冷え性を悪化させてしまうことも。
自律神経には交感神経と副交感神経があり交感神経は緊張やストレスで働く神経で、血管を収縮させて重要な臓器に血液を送り出す役割を持っています。それに対して副交感神経はリラックスした時に働き血管を拡張させます。
お風呂に入るとまずは交感神経が働きます。その後徐々に沈静化するのですが、長時間入るとまた交感神経が活発になり血管を収縮させてしまいます。一度交感神経が興奮して血管が収縮してしまうとお風呂からあがって体が冷えても血管は収縮したまま戻らなくなってしまいます。つまり暖かいお湯に長く入り過ぎると逆に冷える原因となるのです。
そこでお勧めなのがぬるま湯に短時間で入浴する方法です。
交感神経を刺激しないよう39~40度のお湯に15分以内で入浴します。
15分を超えてしまうと交感神経が再び活発になるので気を付けましょう。
自律神経のセンサーが首にあるので最初は首までゆっくりつかり、徐々に半身浴に切り替えます。
15分でも長いと感じる人は交感神経の興奮が収まる3分程度の短い入浴でも大丈夫です。


冷えたと思ったらすぐに始めよう!冷え性解消ストレッチ


冷え性の人には大きく分けて3つのタイプがあり、それぞれ特徴があります。
①手足が冷える人
やせ型の人に多い。筋力不足や栄養不足に原因が。
②下半身が冷える人
40代以降の中年女性に多い。運動不足によるお尻や腰などの血行不良が原因。
③内臓が冷える人
隠れ冷え性と言われるタイプ。ストレスや不規則な生活、うまれつきの体質が原因。手足は暖かいが内臓が冷えているため免疫力が低く病気になりやすい。

これらの冷え性に効果的なのが血流を改善させるストレッチ方法です。

即効で足の冷えを改善!足先のストレッチ
 ①椅子に座った状態やお風呂の中で片足を組み、つま先を足の裏側にぐいっと曲げる。
 ②5秒ほど曲げたら手を放し5秒数える。左右共に5回繰り返す。
下半身のコリに効果抜群!血流改善ストレッチ
 ①椅子に座り足を組む
 ②組んだ足を手で強く押す。1回5秒を左右共に5回繰り返す。
足が冷えてきたなと感じたら10秒から20秒正座をするのもお勧めです。ふくらはぎが
圧迫されて血流が改善されます。ただし長くやりすぎると血流不足になり逆効果なので短時間行うようにしましょう。


内側から温めよう!白湯を飲んで代謝もアップ


体の内側から冷え性を改善するには、白湯健康法がお勧めです。インドの伝統医学であるアーユルヴェーダに乗っている方法として現在注目を集めていますが、実は日本でも昔から白湯を飲む習慣がありました。
茶道の中にはお茶の後に白湯を飲むという流派もあります。白湯のいいところは糖分やカフェインが含まれていないのでお年寄りから子供まで安心して飲めるところです。
また、刺激がなく胃に優しいので体に負担を掛けません。
白湯健康法はいたってシンプル。朝起きたらまずヤカンにお湯を沸かします。沸騰したらふたを開け換気扇を回してそのまま10分から15分沸騰させます。
こうすることで水に微量含まれる有害物質やカルキ臭さを完全に除去することが可能です。
この白湯をポットに入れて置き、朝や食事中に飲むというもの。
一回に飲む量は150ml程度で温度は50℃くらい。少しずつゆっくり飲むのがポイントです。
白湯を飲むことで内臓の温度が上がり、代謝もアップします。冷え性改善効果だけでなく胃腸の働きや肝臓・腎臓の働きもアップするのでダイエット効果やデトックス効果も期待できます。
簡単に始められるのでぜひ試してみてくださいね。


ウォーターサーバーのクリクラTOP