安心・安全なクリクラの水

クリクラのプラント(工場)は世界基準の衛生管理システムを持つ「HACCP認証工場 *1」です。クリクラ=製品水の製造工程だけでなく、空ボトルの入荷から充填・密封、保管の全工程を管理区域内で行っています。また2015 年4 月に稼動したクリクラ本庄工場において、国際的な食品安全の認証規格である「FSSC22000 *2」を取得しました。

*1 原料の入荷~製造~出荷に至るまでの全ての工程で、どのような危害要因があるのかを分析するシステムです。特に危害要因を抑えるために重要であると判断した工程を、連続的に監視(モニタリング)しています。
(住之江工場にて取得)

*2 オランダの食品安全認証財団が開発し、GFSI(Global Food Safety Initiative)が承認した食品安全規格です。

すべての製造工程は管理区域内で行っています。また、空ボトルの洗浄・殺菌から充填・密封工程までをオートメーション化 *1し、最終検査まで人手が加えず、衛生的な製造ラインを保っています。

*1 こちらは本庄工場のみとなります。

検査工程では、衛生的な施設設備のクリーンルーム内で、専任検査員が丁寧に1本1本目視検査を行っています。空ボトルの汚れや異物だけでなく、内部の官能検査(臭気)も欠かせません。

中央研究所及び本社にて、日本全国にあるクリクラ水製造プラントの情報(運転・出荷状況、警報内容等)を集中管理しています。この結果、運転異常等の問題について早期に発見し、遠隔操作で即時に装置改善を行うことができます。

水質調査結果のご報告