朝起きて、コップ1杯の水を飲む。
その1杯が、健康と習慣をつくる。水の種類としてよく使用される「軟水」「硬水」ということば。
それぞれの違いや特徴をご紹介します。

軟水

日本でもっとも一般的なお水です。
軟水は、カルシウムやマグネシウムが少ないぶん口当たりがやわらかく、飲み物や料理にあまり影響を与えません。特に水が決め手となる日本茶や和食には、欠かせない水と言えます。
※一般的に1リットルあたりのカルシウムとマグネシウムの量が100mg未満の水を軟水としています。

軟水

硬水

ミネラルが豊富で石灰質の地層が広がるヨーロッパではほとんどが硬水です。
日本の料理にはあまり適さない硬水ですが、体に大切なカルシウムやマグネシウムを補給できるというメリットもあります。
※一般的に1リットルあたりのカルシウムとマグネシウムの量が100mg以上の硬水としています。

硬水

ミネラルウォーター

ペットボトルに入って販売している「ミネラルウォーター」、種類は大きく2つに分類されます。

ナチュラルミネラルウォーター

特定の水源から採水された地下水(ナチュラルウォーター)のなかでミネラル成分が溶け込んでいる水を、ろ過・沈殿・加熱殺菌処理をしたもの。

ミネラルウォーター

名水

豊かな水、きれいな水として長く人々に親しまれ、広く知られてきた水のこと。各地の名水は、その水質の良さから米作りや飲み物、食べ物などに幅広く使われていますが、名水という名称は「飲料水として良い水」という意味で、名水が良い飲み水とは限りません。

名水

クリクラは、産婦人科医も推奨する「おいしい軟水・安全なミネラルウォーター」です。

【監修】帝京大学ちば総合医療センター産婦人科 落合 尚美 先生

クリクラには選ばれる 4つの理由 があります。

❶ 安心

一般の浄水器と比べ1,000~10,000倍のろ過精度!

一般の浄水器では取り除けない環境ホルモンまでもしっかりと除去するので、クリクラの水は「純度」が違います。

安心
❷ おいしい

「ミネラルバランス」がおいしさの秘密です。

飲んでおいしい適度なミネラルバランスで、口当たりの良いのが特徴です。クリクラは苦みがなく、さわやかな飲み口が評判です。

フィルター
❸ ラク

「朝のゴミだしはペットボトルを潰すのだけで時間がかかっちゃう…」

クリクラは、飲み終わったボトルを無料で回収します。ゴミが出ないので、ペットボトルをつぶす必要なし。

安心
❹ 安い

毎月かかる料金は「クリクラボトルの料金」だけ!

クリクラならサーバーレンタル料・入会金・宅配料・解約金が無料!無駄な費用が一切発生しません。

フィルター

クリクラに申込む